中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.10 20:59

【みんなの反省会】重馬場をこなして進路も完璧だったサトノアーサー(1/6ページ)

力強く抜け出し重賞初制覇を果たしたサトノアーサー(右)

力強く抜け出し重賞初制覇を果たしたサトノアーサー(右)【拡大】

デスク エプソムCは雨で重馬場となった東京競馬場で行われて、2番人気サトノアーサーが差し切り勝ち。好スタートから6~7番手につけて、前の集団を見る形でした。関東競馬エイトの沢田知希トラックマン(TM)はどうみましたか。

沢田知希TM 後方からの競馬が続いていましたから、今回のような位置で競馬ができたのは大きかったですよね。大外枠だったぶん、行きたがって、鞍上の戸崎圭太騎手が抑えていましたけど。

デスク 直線でも馬場のいい外を通って、スペースもぽっかりあいていました。

沢田TM 何の不利もなかったですから、力を出せましたね。

デスク 3カ月ぶりのメイS(3着)を叩いてから、中2週で再び東京へ。それでも馬体重は前走時と同じで、仕上がりは良かったんでしょうね。

【続きを読む】

関連

  • 重馬場を克服して待望の重賞初制覇を果たしたサトノアーサー
  • 重馬場を克服して待望の重賞初制覇を果たしたサトノアーサー
  • 検量室前へ引き揚げてくるサトノアーサーと戸崎圭太騎手
  • エプソムカップで重賞初制覇を果たしたサトノアーサー
  • 記念撮影に収まる、(左から)里見治オーナー、池江泰寿調教師、戸崎圭太騎手