中央競馬:ニュース中央競馬

2018.6.7 12:11

元JRA調教師の中村好夫氏が死去

2001年2月25日に阪神競馬場で行われた調教師引退式(一番左が中村好夫氏)

2001年2月25日に阪神競馬場で行われた調教師引退式(一番左が中村好夫氏)【拡大】

 元JRA調教師で、1984年の桜花賞馬ダイアナソロンを管理するなど、GI2勝を含むJRA重賞24勝を挙げた中村好夫氏が老衰のため、5日に北海道日高町の自宅で死去していたことが6日、わかった。享年88。葬儀・告別式はきょう7日に行われる。

 騎手、調教助手を経て65年に京都競馬場で厩舎開業。新設された栗東トレセンに70年から移り、ダイアナソロンを筆頭に89年の最優秀5歳(現4歳)以上牝馬の座に輝いたルイジアナピット、94年最優秀ダートホースのフジノマッケンオー、95年の中山大障害(春)を制したダイカツストームなどの活躍馬を育てた。通算683勝で2001年2月末に定年引退。故太宰義人調教師、牧田調教師は弟子にあたる。