中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.31 11:52

【安田記念】キャンベルジュニア上々4F51秒7

キャンベルジュニアは美浦Wコースで4F51秒7と上々のタイムをマーク。いい状態をキープして臨めそうだ

キャンベルジュニアは美浦Wコースで4F51秒7と上々のタイムをマーク。いい状態をキープして臨めそうだ【拡大】

 ダービー卿CT→京王杯SCと連続2着のキャンベルジュニアは美浦Wコースでサトノメサイアを1馬身追走し、直線では内へ。ともに馬なりで、歩調を合わせるかのように併入した。内めを回ったこともあるが、4F51秒7と上々のタイムをマーク。いい状態をキープして臨めそうだ。

 「前走は1400メートルの高速決着にも対応できたし、負けて強しの内容。東京の1600メートルは力を出せる舞台。いい状態に持っていけるように調整したい」と森助手。11年リアルインパクト、12年ストロングリターン、15年モーリスと単独最多の3勝をあげている堀厩舎だけに要警戒だ。(夕刊フジ)

★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載