中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.20 05:00

テイエムオペラオー死す…GI7勝、時代築いた希代の名馬(2/3ページ)

テイエムオペラオー(左)は天皇賞・春連覇などGIを7勝。20世紀末に完璧な強さを見せた名馬が天に召された

テイエムオペラオー(左)は天皇賞・春連覇などGIを7勝。20世紀末に完璧な強さを見せた名馬が天に召された【拡大】

 20世紀末に抜群の勝負強さで王位に君臨したオペラオーが、この世を去った。6年前から種牡馬生活を送っていた白馬牧場で、17日の放牧中に心臓まひを発症。午後2時20分ごろに息を引き取った。同牧場の長浜和也社長は「突然のことで残念です。献花台を作り、ファンの方がお見えになった場合の対応をしようと思います」とコメントした。

 1998年8月にデビュー。骨折による5カ月の休養後はとんとん拍子に出世し、99年の皐月賞では200万円の追加登録料を支払って出走し、見事な差し切り勝ちを収めた。クラシックレースを追加登録馬が制したのは初。同年のJRA賞で最優秀4歳牡馬(現3歳牡馬)に選出された。

 年間無敗の重賞8連勝、うちGI5勝を挙げた2000年が現役時代のハイライト。どんな接戦でも競り勝つ驚異的な勝負強さで、史上初めて秋の古馬王道GI3連勝を飾り、文句なしの年度代表馬に選ばれた。01年の天皇賞・春でGI7勝目をマークし、同年の有馬記念5着を最後に現役を引退。04年にはJRA顕彰馬に選出され、殿堂入りを果たした。

 種牡馬としては目立つ活躍馬を送り出せていないが、現役時の生涯獲得賞金18億3518万9000円は、昨年末に引退したキタサンブラック(18億7684万3000円)に抜かれるまでは歴代最多。数々の記録と記憶を残した偉大な名馬が、クラシックシーズンの真っ最中に天へと駆け上った。

【続きを読む】

関連

  • 第123回天皇賞・春1着のテイエムオペラオーと和田竜二騎手=京都競馬場
  • 第59回皐月賞1着テイエムオペラオー