中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.17 14:19

【オークス】枠順確定 アーモンドアイは7枠13番

1冠目の桜花賞を制したアーモンドアイと、ガッツポーズをするC.ルメール騎手

1冠目の桜花賞を制したアーモンドアイと、ガッツポーズをするC.ルメール騎手【拡大】

 牝馬クラシック2冠目となる「第79回オークス(GI)」(5月20日、東京11R、3歳オープン、牝、定量、芝2400メートル、1着賞金1億1000万円)の枠順が、19日に確定した。

 圧倒的な末脚で桜花賞を制したアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)は7枠13番、桜花賞(2着)で初黒星を喫したラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)は1枠2番、桜花賞3着のリリーノーブル(栗東・藤岡健一厩舎)は1枠1番に決まった。

 栗東・角居勝彦調教師が送り出す“三本の矢”、サンケイスポーツ賞フローラSの勝ち馬・サトノワルキューレは4枠8番、スイートピーSを制して出走権を獲得したランドネは7枠14番、フラワーCを制しているカンタービレは3枠5番となっている。

 オークスは20日、東京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

★オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載