中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.17 05:10

【オークス】アーモンド、2冠へ加速12秒3!ルメール「日本一」(4/4ページ)

アーモンドアイは鋭い加速を見せて体調の良さをアピール。2冠制覇に向けて視界良好だ(撮影・今野顕)

アーモンドアイは鋭い加速を見せて体調の良さをアピール。2冠制覇に向けて視界良好だ(撮影・今野顕)【拡大】

★柴田がミタ

 牝馬の中長距離GIともなれば、直前に速い時計を出したり、一杯に追ったりすることでテンションが上がることを嫌う陣営が多い。アーモンドアイも1週前に6ハロン81秒4のタイムを出して、今週は同84秒7。時計的にはたいしたことないが、この馬らしい切れ味を存分に発揮する内容だった。スタートからゆっくり走っても、一切、行きたがるそぶりを見せず、ルメール騎手が指示を出せば即座に反応する。これだけオンとオフの切り替えが速い馬も珍しい。

 ラストの脚力は桜花賞で証明済み。道中で無駄にスタミナを消耗することなく、その脚を繰り出せば、おのずと結果はついてくるだろう。この日の追い切りを見れば、その態勢も整っている。

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

関連

  • クリストフ・ルメール騎手=美浦トレーニングセンター(撮影・今野顕)