中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 12:00

【オークス】サヤカチャンは、引き続き先行策で

オークスでも持ち前の先行力を見せてくれそうなサヤカチャン

オークスでも持ち前の先行力を見せてくれそうなサヤカチャン【拡大】

 <栗東トレセン>

 ラッキーライラックは、CWコースを2周して、水曜追いに備えた。丸内助手は「(全休日明けで)体を伸ばしたいんだろうな、という雰囲気で走っていました。左回りでも何の違和感もないですね」と語った。

 桜花賞3着リリーノーブルは精神面での成長が大きい。仲田助手は「落ち着きがあっていい。心肺機能が高くてスタミナはありそうなので、距離はもつと思います」と好気配を伝えた。

 サヤカチャンは、引き続き先行策で挑むことになりそう。「元気がいい。主導権を奪ってから、ジョッキーがどう考えて乗るか。血統的に距離は問題ないと思っている」と田所調教師。

 レッドサクヤは、桜花賞7着からの反撃を期す。藤原助手は「放牧を挟んで状態はよくなっている。折り合いがついて、自在性があって、切れもある。バランスがいいから道悪も問題ない」と語った。

 〈美浦トレセン〉

 2冠を狙うアーモンドアイは、Wコースを1周半流して追い切りに備えた。椎本助手は「体のバランスや反応など、使ってさらによくなっていますね。先週で470キロぐらい。カイ食いがよくて体も増えていますし、コンディションは前走以上。距離も問題なさそう」と笑顔をみせた。

 桜花賞4着トーセンブレスは、精神的に成長している。浅利助手は「中間は在厩調整ですが、テンションも上がらずにカイバ食いもよくなっています。オンオフの切り替えがうまくできるようになった」とにっこり。

 桜花賞5着マウレアは、侮れない存在。平塚助手は「一時期カイ食いは落ちたけど、今は戻っているし、体も変わりなく順調です。かからないし距離の融通がききそう」と話した。

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載