中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 11:35

【オークス】サトノワルキューレ、坂路で単走

サトノワルキューレは栗東坂路で単走追い。馬なりのまま切れのいい身のこなしを見せた

サトノワルキューレは栗東坂路で単走追い。馬なりのまま切れのいい身のこなしを見せた【拡大】

 サトノワルキューレは前走のサンスポ賞フローラSを最後方から差し切った、桜花賞組にとっての新たな敵だ。

 栗東坂路単走で、前半はゆったり流し、3F目からややペースアップ。馬なりのまま馬場の中央をスムーズな脚さばきで上がり、切れのいい身のこなしで13秒1-12秒9をマークした。

 「前走はすごく強かった。以前はジリジリとしか進まない面があったけど、直線で素晴らしい脚を使った。馬がどんどん変わってきている」と、ミルコが笑顔を見せた。

 2走前に阪神2400メートルのゆきやなぎ賞を勝った実績が頼もしい。「距離は経験済みで折り合いも問題ない。賢い馬だからね。道悪でも勝っているよ」。ミルコもオークスを勝てばクラシック完全制覇がかなうだけに、いっそう力が入る。(夕刊フジ)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載