中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 11:23

【オークス】ラッキーライラック余力十分1馬身先着

ラッキーライラックは、栗東CWコースで併せ馬。気合が入ったラスト1Fで11秒4を弾き出し、余力十分に1馬身突き放した

ラッキーライラックは、栗東CWコースで併せ馬。気合が入ったラスト1Fで11秒4を弾き出し、余力十分に1馬身突き放した【拡大】

 女王奪還へ、ドレスアップは万全だ。桜花賞でアーモンドアイの豪脚に屈して無傷連勝が“4”でストップしたラッキーライラックは、栗東CWコースで併せ馬。シャンティローザを2~3馬身追走し、4角で外へ。気合が入ったラスト1Fで11秒4を弾き出し、余力十分に1馬身突き放した。

 「1週前も負荷をかけたし、輸送もあるので上がりだけ。伸び伸びして、いい動き」と、松永幹調教師は納得の表情。

 早め先頭から勝ちにいった桜花賞を「プレッシャーのかかる最内枠からよく頑張っていた」と評価し、1マイル半のステージをしっかりと見据えた。「スピードもあるけど、それよりスタミナが上だとみてきた。完歩も大きく長い距離向き。桜花賞馬はもちろん、TRで強い勝ち方をした馬もいるけど、それでも楽しみ」と、2歳女王が覚醒のときを迎える。(夕刊フジ)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載