中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 05:01

【めざせクラシック】アンラッシュ、6・3阪神(1/2ページ)

 デスク オークス、ダービーが終われば、新馬戦がスタート。2歳馬の調教ピッチも進んできたなあ。

 長田 はい、さっそくですが、6月に橋口厩舎は2頭がデビュー予定。そのうちアンラッシュは、3日阪神の芝1400メートル戦に向かいます。

 デスク 母キュンティアは阪神3歳牝馬S(現・阪神JF)2着で、半姉にはファンタジーSを勝ったオディールか。

 長田 調教の動きがよく、橋口調教師は「牧場サイドは『オディールに似ている』と言ってました。初戦から楽しみです」と期待しています。

 デスク もう1頭は?

 長田 ダノンシティで、トレーナーは「前向きさがあるし、フットワークもいい。追って味のあるタイプで、距離は延びてもいいでしょう」とのこと。10日東京の芝1800メートルを武豊騎手で予定しています。

 デスク ほかには。

 長田 シトラスノートを挙げておきましょう。セントウルSなど重賞2勝を挙げたエピセアロームの初仔で「お母さんのときより調教も扱いやすいし、年齢の割に落ち着きもある」と石坂正調教師から好感触が伝わってきました。4日にゲート試験を合格して、今は坂路で乗り込み中です。

【続きを読む】