中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 12:01

【平安S】ミツバは、アンタレスS2着から参戦

平安Sで重賞2勝目を目指すミツバ

平安Sで重賞2勝目を目指すミツバ【拡大】

 <栗東トレセン>

 6連勝中のグレイトパールは、引き続き好調を保っている。「長期休養明け(アンタレスS1着)を使いましたが、何ごともなくきています。ダート界は強い馬がいるので、賞金加算していかないと」と片山助手は意気込んだ。

 フェブラリーS12着以来のテイエムジンソクは、仕切り直しの一戦だ。木原調教師は「前走は距離も短かったし、ワンターンが向かなかったね。順調にきているし、競馬が近いのを分かっている。斤量(58キロ)は仕方がない。自分の競馬をするだけ」と力を込めた。

 サンライズソアが巻き返しを狙う。「前回(ブリリアントS14着)は気の悪さを出してしまった。スタートを決めて前々で運んでくれたら」と河内調教師。

 牝馬路線で好成績を残してきたクイーンマンボは、牡馬相手の対戦になる。「やってみないと、わからないけど、前走よりは(体も)よくなっています。距離が延びるのもよさそうなので」と角居調教師は前向きだ。

 ミツバは、アンタレスS2着から参戦する。加用調教師は「変わりなく順調にきている。早めに外に出して進出を開始する競馬をしてくれれば」と語った。

 アンタレスS3着クインズサターンも、コマを進める。「確実に脚は使ってくれているけど、展開待ちの面があるからね」と野中調教師は流れを気にしていた。

★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載