中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.16 12:15

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(35)】「オークスのゾロ目」復活の予兆?あるぞ人気薄馬の返り咲き(2/5ページ)

スポーツ紙記者No.1の健筆家と謳われるサンスポ佐藤洋一郎記者が自身の記者生活の集大成として送り出す「馬に曳かれて半世紀」

スポーツ紙記者No.1の健筆家と謳われるサンスポ佐藤洋一郎記者が自身の記者生活の集大成として送り出す「馬に曳かれて半世紀」【拡大】

 

 1968年のオークスを、初めて特券(1000円)でしとめた。(6)(6)6,730円は史上2番目の高配当だった。JRA育成の安馬、生産者や調教師らを阻害するような鼻つまみの嫌われ者の抽選馬に肩入れするへそ曲がりの◎(抽)ルピナスは16頭立て8番人気、前哨戦のサンスポ賞4歳牝馬S1番人気で大敗(最下位)したスズガーベラは5番人気にまで急落した。ガーベラの敗因は突発的なフケ(発情)という新聞のコメントを読み(当時は一介のファン)、野の花ルピナスがこぼれ咲き、萎れたガーベラが息を吹き返してグリーンの芝生(6)(6)が花園に変わる…それでよし、そのままぁ~! 

 このゾロ目にインスパイアされ、翌々年の(4)(4)(ジュピック・ケイサンタ)8,210円(最高配当更新)、さらにその4年後74年のトウコウエルザ・スピードシンザンのアタマ差のデッドヒート(5)(5)7,850円をもトッケンで押さえていた。「牝馬のゾロメ」は個人的なジンクス、ラッキーナンバーとなり、条件は問わず「牝ゾロ」にはずいぶんお世話になった。近年は3連単・複の窮余の策としてゾロ目(同枠2頭)軸をあえて活用することもある。

 ヴィクトリアマイルが牝ゾロの片鱗をチラリとのぞかせたのは、ひょっとすると「オークスのゾロ目」復活の前触れか。だとするとJRA育成・調教馬とか、トライアルで大敗した人気花の返り咲きとか…。

【続きを読む】