中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.15 19:16

【リレーコラム】ジェンティルの初子が石坂厩舎からデビュー予定(1/2ページ)

牝馬3冠を制し2012年と14年の年度代表馬に輝いた名牝ジェンティルドンナと初子

牝馬3冠を制し2012年と14年の年度代表馬に輝いた名牝ジェンティルドンナと初子【拡大】

 石坂正調教師が、5日の京都3R(イシュトヴァーン)で現役13人目となるJRA通算600勝を達成した。厩舎を開業して21年目、4934戦目での記録だ。

 「600勝するにあたり、5000回近くもレースをしてきました。レースでは途中でけがをしてしまったり、命を落としてしまうこともあります。そうやって馬たちが自分の命を懸けて走ってくれたからこそ、達成できた数字だと思っています」

 イシュトヴァーンの母は京都牝馬Sと関屋記念を勝ったドナウブルーで、現役時代は石坂調教師が管理していた。厩舎ゆかりの血統での記録達成に「開業したときから、馬を無事に牧場に返すことを大きな目標としてしてやってきました。こうやって管理していた馬の子どもを預かれることは感慨深いです」と目尻を下げた。

【続きを読む】