中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.14 16:29

【リレーコラム】東京サンスポ~競馬は想像力(1/2ページ)

アーモンドアイと国枝栄調教師

アーモンドアイと国枝栄調教師【拡大】

 4月に夕刊フジから異動してきてからはや1カ月半。いまだに慣れないことだらけで戸惑う日々が続いている。当欄も今回が初登場。以後、お見知りおきください。

 先週は国枝栄調教師(63歳)=美浦=に、オークスのアーモンドアイについてインタビューを行った。詳しくは15日のサイトや紙面をごらんいただきたいが、言葉の端々から自信と期待が伝わってきた。1週前追い切りの内容も圧巻だっただけに、史上14頭目となる春の牝馬2冠制覇へ視界良好といっていいだろう。

 時計の針を1カ月前に巻き戻す。桜花賞の追い切り日は美浦トレセンが濃い霧に包まれ、アーモンドアイの動きをほとんど視認することができなかった。報道陣が内容をいかに伝えるか頭を悩ます中、国枝師がGPS計測のタイム(Wコース5ハロン67秒0-11秒4)を教えてくれたことで、記事に具体性を持たせることができた。

【続きを読む】