中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.6 05:02

日本産馬初!サクソンウォリアー、英クラシック制覇

 【ロンドン5日】英国の牡馬クラシック初戦、英2000ギニー(GI、芝・直1600メートル、創設1809年)がニューマーケット競馬場で14頭によって争われ、D・オブライエン騎乗の2番人気サクソンウォリアー(愛=A・オブライエン、牡)が優勝。日本産馬として初の英国クラシック制覇を成し遂げた。タイム1分36秒55(良)。優勝賞金28万3550ポンド(約4197万円)。

 サクソンウォリアーは父ディープインパクト、母メイビー(母の父ガリレオ)という血統。世界的生産者グループのクールモアが母を日本に連れて行き、ディープを種付けして日本で生まれた後、アイルランドに渡って調教されてきた。これで通算4戦4勝。前走の英GIレーシングポストTに続くGI2勝目。ブックメーカー各社は6月2日の英ダービー(エプソム、GI、芝・約2410メートル)で断然の1番人気のオッズをつけている。