中央競馬:ニュース中央競馬

2018.5.6 20:53

【みんなの反省会】ディープ産駒らしい切れ味のケイアイノーテック(1/5ページ)

外から圧巻の差し切り勝ちを決めたケイアイノーテック

外から圧巻の差し切り勝ちを決めたケイアイノーテック【拡大】

デスク 東京競馬場でのGI・5連戦の初戦だったNHKマイルCは、後方2番手にいた6番人気ケイアイノーテックが外から圧巻の差し切り勝ちを収めました。反省会には関東競馬エイトの沢田知希トラックマン(TM)に登場してもらいます。豪快な勝ちっぷりでしたね。

沢田知希TM スタート後に挟まれたことで後方からレースを進めることになって、結果的によかったのかなと思います。藤岡佑介騎手は腹をくくって、タメを利かせる競馬ができました。

デスク 上がり3ハロンはメンバー最速の33秒7。

沢田TM ディープインパクト産駒らしい切れ味を見せましたね。前走の中山(ニュージーランドT2着)より、東京の方が末脚が生きるとみていました。

デスク 馬体重は前走時と同じ456キロ。関西馬で、今回は2度目の関東遠征でしたが、調整がうまくいったようですね。

沢田TM ええ。長距離輸送を1度経験していたことはよかったと思います。馬体は細くなかったですね。

デスク デビューから7戦すべてマイル戦ですが、初めてコンビを組んだ藤岡佑介騎手は「距離が延びてもいいという印象を受けました」と語っていました。

【続きを読む】