中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.23 18:10

【天皇賞・春】クリンチャーの鞍上は三浦皇成騎手に決定

騎乗停止の武豊騎手に代わって、クリンチャーの鞍上に決まった三浦皇成騎手

騎乗停止の武豊騎手に代わって、クリンチャーの鞍上に決まった三浦皇成騎手【拡大】

 4月29日の天皇賞・春(京都、GI、芝3200メートル)に出走するクリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡4歳)の鞍上が23日、三浦皇成騎手(28歳)=美浦・鹿戸雄一厩舎=に決まった。騎乗を予定していた武豊騎手(49歳)=栗東・フリー=が22日の京都競馬で騎乗停止処分を受けたための変更で、宮本博調教師は「状態はピークにあると思います。武豊騎手が乗れないことは残念ですが、三浦騎手で勝ちに行こうと強い気持ちでいます」と語った。

 クリンチャーはこの日、栗東トレセンが全休日だったため、自厩舎の馬房内で静養。長谷川調教助手は「馬の体調は本当にいい感じです。上積みはありますね」と順調ぶりをアピールしていた。

★クリンチャーの競走成績はこちら