中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.22 15:58

【サンスポ賞フローラS】サトノワルキューレが直線一気の差し切りV(1/2ページ)

大外一気の末脚で前の15頭を差し切り、重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ

大外一気の末脚で前の15頭を差し切り、重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ【拡大】

 4月22日の東京11Rで行われた第53回サンケイスポーツ賞フローラステークス(3歳オープン、牝馬、GII、芝2000メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=5200万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気サトノワルキューレ(栗東・角居勝彦厩舎)が直線一気の差し切り勝ちを収め、2着パイオニアバイオ(13番人気)とともにオークス(5月20日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分59秒5(良)は、2016年にチェッキーノがマークした1分59秒7を0秒2上回るレースレコード。3着はノームコア(5番人気)だった。

 2~3番手追走から直線で先頭に立ったノームコアを、中団の前めから3コーナーまでに3番手につけていたパイオニアバイオがかわした。しかし、出遅れて道中は最後方にいたサトノワルキューレが、直線で大外から豪快に脚を伸ばし、クビ差で差し切った。さらにクビ差でノームコアが3着。2番人気サラキアは4着で、3番人気オハナは14着に終わった。

【続きを読む】

関連

  • 大外一気の末脚で前の15頭を差し切り、重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ(手前)
  • 大外一気の末脚で前の15頭を差し切り、重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ
  • 重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ
  • 大外一気の末脚で前の15頭を差し切り、重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ
  • 重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ
  • サンケイスポーツ賞フローラステークスで重賞初制覇を果たしたサトノワルキューレ
  • サトノワルキューレで勝利したM.デムーロ騎手
  • サンケイスポーツ賞フローラステークスを制したサトノワルキューレ
  • 里見治オーナーと握手をするミルコ・デムーロ騎手(左)
  • 2着に入りオークスの優先出走権を獲得したパイオニアバイオ