中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.21 15:35

【福島牝馬S】キンショーユキヒメで秋山騎手が全10場重賞制覇(1/2ページ)

福島牝馬Sで重賞初Vを果たしたキンショーユキヒメ。騎乗した秋山騎手は史上5人目のJRA全10場重賞制覇となった

福島牝馬Sで重賞初Vを果たしたキンショーユキヒメ。騎乗した秋山騎手は史上5人目のJRA全10場重賞制覇となった【拡大】

 4月21日の福島11Rで行われた第15回福島牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝1800メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、秋山真一郎騎手騎乗の7番人気キンショーユキヒメ(牝5歳、栗東・中村均厩舎)が直線一気の差し切り勝ち。ヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分46秒8(良)。キンショーユキヒメは重賞初制覇。秋山真一郎騎手はこの勝利でJRA全競馬場重賞制覇(10場)を達成した。安田富男、武豊、藤田伸二、横山典弘の4騎手に次ぐ史上5人目の記録。

 クビ差の2着にはゴール前でもうひと伸びしてしぶとく逃げ粘ったカワキタエンカ(1番人気)、さらにクビ差遅れた3着に中団から早めにまくって出たデンコウアンジュ(4番人気)。

【続きを読む】

関連

  • 外から豪快に差し切ったキンショーユキヒメ(緑帽)が重賞初V。2着はカワキタエンカ(青帽)、3着がデンコウアンジュとなった(桃帽)
  • 福島牝馬S、直線の攻防
  • 福島牝馬Sを制したキンショーユキヒメ。騎乗した秋山騎手は史上5人目のJRA全10場重賞制覇となった
  • 史上5人目のJRA全10場重賞制覇を達成した秋山真一郎騎手