中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.18 05:00

【田辺裕信 ゆる~い話】限界を超えては力を発揮できないダイエットとは違う「減量」(2/2ページ)

田辺裕信騎手

田辺裕信騎手【拡大】

 ちなみに、サウナで極限まで絞ると、その後の水風呂で体重が増えるといいます。本当に体に水分がない状態ですと、肌から吸収するからです。究極に水分がない状態のときには、口から入れていないのにもかかわらず、増えてしまうのです。ボクサーの方などは、最後の計量が終わるまで水風呂も入らないんじゃないんですかね。

 確かに、吸収するのはほんの僅かかもしれません。でも、そのほんの僅かを絞り出すために苦しい思いをしているわけで、それこそ100、いや50グラムというところの攻防のわけですから。

 減量は苦しいものです。ダイエットとは違って、もう減らないところからさらに絞り出すのが減量ですからね。僕自身は、できることならば軽い斤量の馬も乗りたいのですが、そうするとかなりの減量が必要です。限界を超えて減量をすると、今度は十分なパフォーマンスができなくなるので、無理な減量はしていません。 (JRA騎手)