【田辺裕信 ゆる~い話】限界を超えては力を発揮できないダイエットとは違う「減量」

2018.4.18 05:00

 先日、ボクシングの世界戦で減量に失敗して王座剥奪とのニュースがありました。騎手も減量をしますので、その大変さ、苦労はわかります。今回は体調不良の時期があり、汗が全く出なくなってしまったというコメントがありましたが、騎手仲間からも同じような話は聞きます。

 体内の水分がなくなってしまえば汗は出なくなりますし、その状態で汗取りをしていると調子そのものが悪くなっていきます。最近では聞かなくなりましたけど、調整ルームのサウナで倒れて救急車で運ばれた人がいました。

 ちなみに、サウナで極限まで絞ると、その後の水風呂で体重が増えるといいます。本当に体に水分がない状態ですと、肌から吸収するからです。究極に水分がない状態のときには、口から入れていないのにもかかわらず、増えてしまうのです。ボクサーの方などは、最後の計量が終わるまで水風呂も入らないんじゃないんですかね。

 確かに、吸収するのはほんの僅かかもしれません。でも、そのほんの僅かを絞り出すために苦しい思いをしているわけで、それこそ100、いや50グラムというところの攻防のわけですから。

 減量は苦しいものです。ダイエットとは違って、もう減らないところからさらに絞り出すのが減量ですからね。僕自身は、できることならば軽い斤量の馬も乗りたいのですが、そうするとかなりの減量が必要です。限界を超えて減量をすると、今度は十分なパフォーマンスができなくなるので、無理な減量はしていません。 (JRA騎手)

閉じる