中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 19:55

【マイラーズC】レース展望(4/4ページ)

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える【拡大】

 ダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡6歳)は、昨年のエプソムC勝ち馬。その後は休養が長引いたが、8カ月ぶりの実戦だった小倉大賞典を4着、金鯱賞で5着と上々の走りを続けている。今回は走り頃の叩き3戦目で、全7勝中6勝を挙げる1600メートル。オープン特別の洛陽Sを勝った京都マイルで期待は膨らむ。

 ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)は、昨年の3着馬。GIでこそ2桁着順が続くが、GII、GIIIでは安定した内容が光る。5カ月ぶりの臨戦は過去最長となるが、早めに栗東トレセンに移動して順調にきており、一昨年10月の富士S以来の重賞4勝目へ陣営も調整に余念がない。

 その他、2015年シンザン記念優勝実績があり、ここ3戦はオープン特別でいずれも2着のグァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎、牡6歳)、前走の東京新聞杯で0秒3差(7着)のベルキャニオン(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)あたりも展開次第で好勝負が望めそうだ。

★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載