中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 19:55

【マイラーズC】レース展望(3/4ページ)

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える【拡大】

 ブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)は、前走の京都金杯で重賞初制覇。それまでの直線勝負一辺倒と違い、勝負どころで早めに動く内容で、競馬の幅を広げた。もともと、3走前のマイルCSでも0秒3差(6着)に善戦していたが、6歳にしていよいよ脂がのってきた印象だ。ここ3戦続けて最速の上がりをマークするなど、決め手はメンバー随一。マイル6勝、京都3勝はともにメンバートップタイで、実績ほど力は見劣らない。

 ロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)の充実ぶりも目を見張る。約2年ぶりの実戦だった4走前こそ7着に敗れたが、その後はマイルで2、1着の成績を残してオープンに再昇級。前走の六甲Sは2着に0秒3差をつける完勝だった。京都コースはシンザン記念Vを含めて【2・1・0・0】の好相性。成長力のあるハーツクライ産駒で、今の勢いなら一気にGI実績馬を撃破しても不思議はない。

【続きを読む】