中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 19:55

【マイラーズC】レース展望(2/4ページ)

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える【拡大】

 サングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は、昨秋のマイルCSで3着。GI初挑戦ながら、直線で外から鋭く脚を伸ばして0秒1差に好走した。続く阪神Cもレコード決着の3着に善戦しており、GIに手が届くほど力をつけている。中間は放牧で激戦続きの疲れを癒やし、精神面でも成長。こちらも京都外回りコースで【2・0・2・0】と安定しており、世代レベルの高さに定評がある4歳馬としても期待は大きい。

 モズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)は、破竹の4連勝でオープン入りし、阪神C4着、阪急杯2着と好走。重賞でともに1番人気ながら勝利を挙げられなかったが、さすがの末脚を示した。京都は1戦1勝、1600メートルも2戦2勝だが、1400メートルの前走でも少し掛かっていたように、折り合いがポイント。道中スムーズなら、重賞タイトルに手が届く。

【続きを読む】