中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 19:55

【マイラーズC】レース展望(1/4ページ)

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える

マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが、安田記念制覇に向けてマイラーズCで2018年の始動戦を迎える【拡大】

 関西圏の舞台は阪神から京都に移り、日曜メインにマイラーズカップ(22日、GII、芝1600メートル)が行われる。1着馬に安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる一戦。今年はフルゲート18頭に満たない15頭がエントリーしてきた。GI馬こそ不在だが、マイル界制圧を目指す豪華な顔触れがそろっている。

 最有力候補はエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡5歳)だ。1600メートルは通算【4・3・1・1】という安定感で、昨年は同距離で重賞を2勝した。秋のマイルチャンピオンシップはハナ差2着に敗れたが、寸分の狂いもなく馬群を縫ってきた勝ち馬ペルシアンナイトとミルコ・デムーロ騎手をほめる他なく、地力は間違いなくマイル界最上位だ。昨年はマイラーズC(2着)が年明け3戦目だったが、今年は昨年5着だった安田記念に向けて、ここを始動戦に定めて調整。1週前追いでは栗東坂路で4ハロン51秒7の好時計をマークするなど、5カ月ぶりでも仕上がりに不安はない。デイリー杯2歳S、京都金杯の重賞2勝を含め【2・2・1・0】を誇る京都コースで、GIへ弾みをつける。

【続きを読む】