中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 19:38

【福島牝馬S】レース展望(3/3ページ)

前走で中山牝馬Sを制したカワキタエンカ。今回もマイペースの逃げが打てるかどうかが鍵を握る

前走で中山牝馬Sを制したカワキタエンカ。今回もマイペースの逃げが打てるかどうかが鍵を握る【拡大】

 エンジェルフェイス(栗東・藤原英昭厩舎、5歳)は3歳時にGIIIフラワーCを逃げ切っている。その後の成績は案外だったが、3走前の準オープン・新春Sを逃げ切り、力の違いをアピール。オープン再昇級後は京都牝馬S4着、中山牝馬S8着と控える競馬で敗れているが、カワキタエンカを制して先手を取るようなら軽視はできない。エポカドーロで皐月賞を制したリーディングトップの藤原英厩舎所属馬という点も強調材料だ。

 福島は2戦2勝と相性抜群のゲッカコウ(美浦・高橋義博厩舎、5歳)、復調気配を見せているブラックオニキス(美浦・加藤和宏厩舎、4歳)、差し脚鋭いデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、5歳)、キンショーユキヒメ(栗東・中村均厩舎、5歳)あたりも上位争いが可能だ。

★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載