中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.16 15:04

【リレーコラム】東京サンスポ~ドバイで日本馬に欠けていたもの(2/4ページ)

ドバイのアクアシアター『ラ・ペール』のアクロバティックショーのワンシーン

ドバイのアクアシアター『ラ・ペール』のアクロバティックショーのワンシーン【拡大】

 馬券が発売されたレースで、勝てる位置での競馬と思えたのは、ターフ3着同着のリアルスティールと、ゴールデンシャヒーン5着のマテラスカイだけ。おおむね日本馬は折り合いに気を使いすぎて勝ちを逸していた。鞍上が固定されず、コロコロ変わる時代も影響しているのだろう。改めて思った。本当に強い馬はレースを支配できる馬。それこそキタサンブラック&武豊騎手のような…。ダート戦は馬場が違いすぎて、GIになると日本のダート馬ではスピード不足。芝の先行馬でも連れてきたら面白いかもしれない、と感じた。

 今回の出張ではドバイ政府観光・商務局のご協力があり、観光面で充実したので少し紹介したい。今回、最も魅入られたのはアクアシアター「ラ・ペール」。2017年8月にオープンしたばかりのドバイ初の常設ショーだ。シルク・ド・ソレイユなどの演出を手掛けたフランコ・ドラゴンが芸術監督を務める『水と映像とアクロバット』をまじえたショーは驚きの連続だった。

【続きを読む】

関連

  • ドバイターフ2着のヴィブロス