中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.15 10:58

エイト片桐がダート初参戦馬の単勝一本釣りに成功

片桐靖弘

片桐靖弘【拡大】

 【片桐の狙ってみましょう】日曜中山2R

 【中山2R】は◎④カッパツハッチに期待したい。

 前走はスタートがひと息だったうえ、3コーナーを過ぎても折り合いに苦労していた。これで、スローペースの前残り。ちぐはぐな競馬での8着だった。新馬戦はクビ差の2着。勝ったデュッセルドルフはすでに500万下を卒業しているのだから、未勝利なら上位の力を持っている。

 父は当舞台と相性がいいキンシャサノキセキ。母の父もタイキシャトルで短距離ダートが合うイメージ。前走が不完全燃焼でダメージは少ないのだから、連闘は問題ない。芝スタートですんなり先行できればガラッと変わるはずだ。

《単勝》
 ④番 1万円

 ※…④カッパツハッチは、確かに短距離ダートが合っていましたね。中団から直線で外を一気に伸びて、差し切り勝ちを収めました。単勝は2番人気で3.3倍。関東競馬エイトの片桐靖弘TMは3万3000円をゲットしました。これで、ガチンコ収支バトルの第2ステージ(4~6月)は開幕から3週連続的中。好調です。

片桐靖弘(かたぎり・やすひろ) 関東エイト想定班 

取材・血統

好配狙い

馬単

プロフィル

1974年生まれ。競馬専門紙ケイシュウニュースの中央版休刊に伴い、サンケイスポーツ・レース部に移籍。2年間の南関東公営競馬担当を経て、南馬場の想定班として現場に復帰した。双子座・O型

予想スタイル

想定班らしく、担当厩舎やレース後のジョッキーインタビューを重視しているが、それらをベースにした血統論もスパイスとして加えている。レベルの比較がつきやすい2歳戦が得意。

※片桐靖弘の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります