【ティーブレイク】宿敵との再戦に燃える林騎手

2018.4.12 12:03

 大ベテランが、リベンジに燃えている。14日の中山グランドジャンプ(J・GI)にアップトゥデイト(栗・佐々木、牡8)で挑む林満明騎手(51)=栗・フリー=だ。昨年暮れの中山大障害は2着に惜敗。大逃げを打ってしぶとく粘ったが、ゴール前で王者オジュウチョウサンにかわされた。「ヨーイドンでは分が悪いから。あの馬を負かすには、あれしかない。今回は何とか勝ちたい」と宿敵との再戦に力が入る。

 自身は今年1月に、障害2000回騎乗を機に引退することを表明。区切りの数字にあと「7」と迫っており、今回が最後のコンビ&J・GI騎乗になることが濃厚だ。「最後だから悔いが残らないように。ラストチャンスを生かしたい」。ライバルを撃破し、相棒と3つ目のJ・GIタイトルを手に入れるか。 (鈴)

★中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる