中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.9 18:48

【アンタレスS】レース展望(3/3ページ)

ダートへ転向後、無傷の5連勝で重賞初挑戦となった昨年の平安Sを圧勝したグレイトパール

ダートへ転向後、無傷の5連勝で重賞初挑戦となった昨年の平安Sを圧勝したグレイトパール【拡大】

 トップディーヴォ(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)は名古屋グランプリ、佐賀記念と交流重賞で連続2着。JRAの重賞でも昨秋のシリウスSで4着に入っており、ここも上位争いが見込める。昆厩舎&横山典弘騎手のコンビは、先週のサンスポ杯阪神牝馬Sをミスパンテールで制しており、2週連続Vのチャンスだ。

 韓国のローカルGIコリアC優勝馬で、昨年のこのこのレース2着のロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)、前走の名古屋大賞典は落馬競走中止だったが、シリウスS、名古屋グランプリと重賞2勝のメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)、マーキュリーC優勝馬で前走の名古屋大賞典2着のミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)、前走のマーチSで小差4着のアルタイル(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)なども十分に上位を狙える。

★アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載