中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.2 11:28

【桜花賞】ラッキーライラック史上7頭目の無敗制覇へ(1/2ページ)

2歳女王ラッキーライラックが史上7頭目となる“無敗の女王”を目指す

2歳女王ラッキーライラックが史上7頭目となる“無敗の女王”を目指す【拡大】

 いよいよ2018年のクラシックが開幕。阪神競馬場で8日、牝馬3冠第1弾「第78回桜花賞」が行われる。史上7頭目となる“無敗の女王”を目指すのはラッキーライラック。TRチューリップ賞を盤石の強さで制した2歳女王が、快挙へ突き進む。

 2歳女王ラッキーライラックがより輝きを増している。TRチューリップ賞は10キロ増と余裕を残した仕上がりで臨みながらパーフェクトV。5F通過59秒5の平均ペースのなか3番手につけ、3F33秒3の末脚でマウレアに2馬身差をつけた。

 父オルフェーヴルとは似ても似つかない優等生ぶりに、「相手に合わせるのではなく、自分のタイミングで抜け出す競馬ができた。今後はそういうシチュエーションも出てくると思うので」と、石橋騎手も納得の表情を見せていた。

【続きを読む】