中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.2 17:00

【リレーコラム】東京サンスポ~「そっと辞めたかった」木幡初広騎手(3/3ページ)

木幡初広

木幡初広【拡大】

 すでに先月から杉浦宏昭厩舎の所属となっており、1日付で調教助手となった。トレセンの調教では、帽子の色も青から黒に変わる。しかし、土日の競馬に乗ることがなくなっただけで、生活スタイルは大きく変わらない。杉浦厩舎は調教師をはじめ、田面木博公調教助手、厩舎で最年長の津留千彰厩務員ら、騎手時代から気心の知れたスタッフがそろう。そんなメンバーに加わって、新たなスタートを切る木幡さん。杉浦厩舎で強い馬づくりに没頭しながら、3人の息子たちをサポートすることになる。長い間、お疲れさまでした。そして、これからもよろしくお願いいたします。

片岡良典(かたおか・よしのり) 東京サンスポ記者 

直感 取材

本命、時々大穴

プロフィル

東京サンスポ所属。1968年生まれ。3年間の牧場勤務を経て、94年3月から関東競馬エイトの想定班でデビューし、01年5月から東京サンスポで老体にムチ打つ?

予想スタイル

コテコテの関西弁で昭和の匂いを漂わせながら“勝負になるの?”とせっせと取材する浪漫人情派。勝って欲しい馬に◎が本音。馬券は単勝、複勝と枠連と馬連。

※片岡良典の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります