中央競馬:ニュース中央競馬

2018.4.2 17:00

【リレーコラム】東京サンスポ~「そっと辞めたかった」木幡初広騎手(1/3ページ)

木幡初広

木幡初広【拡大】

 3月31日をもって、JRA現役最年長だった木幡初広騎手(52歳)が34年間の騎手生活を終えた。1965年6月14日生まれで、福島県原町市(現・南相馬市)の出身。81年に馬事公苑長期騎手課程に入学した。中舘英二調教師や、谷中公一さんらが同期。美浦・稲葉隆一厩舎の所属で、84年3月3日の中山1R(エドワーズシチー2着)で初騎乗を果たし、待望の初勝利は同年5月13日の新潟1R、初騎乗で2着だったエドワーズシチーで挙げている。97年新潟記念(パルブライト)で重賞初制覇。JRA重賞は8勝を挙げているが、その他に2006年の交流GIダービーグランプリをマンオブパーサーで勝っている。

 丸34年の騎手生活で、JRA通算成績は1万2879戦784勝。騎乗数は歴代で21位だ。52歳まで現役を続けてこられたのは、けがに強い頑丈な肉体と負けん気、そして家族の支えがあったからだろう。

【続きを読む】