中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.25 20:18

【みんなの反省会】ライバルをねじ伏せたファインニードル(1/5ページ)

差し切り勝ちを決めて、上半期のスプリント王に輝いたファインニードル

差し切り勝ちを決めて、上半期のスプリント王に輝いたファインニードル【拡大】

デスク 春のGIシリーズの第1弾・高松宮記念は、2番人気のファインニードルが中団から差し切り勝ちを決めて、上半期のスプリント王に輝きました。反省会には関西競馬エイトの鈴木ショータ・トラックマン(TM)に登場してもらいましょうか。

鈴木ショータTM 僕でよければ。

デスク 勝ちっぷりがよかったですよね。

ショータTM 上位に入った馬の中では比較的外めを通っていました。正攻法で(ライバルを)ねじ伏せましたね。

デスク 前走のシルクロードSは、昨年の高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイに2馬身差をつけて完勝していました。

ショータTM 昨年よりパワーアップしています。この馬の唯一の弱点だった時計勝負にも対応できるようになってきて、まさに充実期ですね。ただ、今回はタフで時計のかかる馬場が合っていました。

デスク 馬体重は、休み明けで18キロ増で臨んだシルクロードSから8キロ減。調整もうまくいきましたね。

ショータTM 前走は成長分があるにしても、陣営は「太め残し」と言っていました。ここ(高松宮記念)に照準を合わせて、渾身(こんしん)の仕上げでしたね。

【続きを読む】