中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.24 15:58

【日経賞】ガンコが重賞初Vで天皇賞・春の切符獲得(2/3ページ)

日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ。天皇賞・春の優先出走権も獲得

日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ。天皇賞・春の優先出走権も獲得【拡大】

 逃げたガンコは2周目2コーナーで一旦、1番人気キセキにハナを奪われたが、4コーナーで再び先頭に立って押し切った。中団から伸びてきたチェスナットコートが3/4馬身差の2着に入り、道中は後方に待機していたサクラアンプルールがさらに3/4馬身差の3着。2番人気トーセンバジルは5着で、昨年の菊花賞馬キセキは直線で失速して9着だった。

 ガンコは、父ナカヤマフェスタ、母シングアップロック、母の父シングスピールという血統。北海道新ひだか町・前谷武志氏の生産馬で、馬主は杉澤光雄氏。通算成績は28戦6勝。重賞初勝利。日経賞は、松元茂樹調教師は2009年アルナスラインに次いで2勝目。藤岡佑介騎手は初勝利。

【続きを読む】

関連

  • 日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ
  • 日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ。天皇賞・春の優先出走権も獲得
  • 日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ(左)
  • 日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ
  • プレゼンターを務めた小宮有紗(左)と藤岡佑介騎手
  • 日経賞で重賞初制覇を果たしたガンコ。天皇賞・春の優先出走権も獲得
  • ガンコを勝利に導いた藤岡佑介騎手
  • まさかの9着に敗れたキセキ
  • 5着に終わったトーセンバジル
  • 馬上でガッツポーズをする藤岡佑介騎手
  • 検量室へ引き揚げていくクリストフ・ルメール騎手(右)と角居勝彦調教師(左)
  • 1番人気に支持されるも9着に敗れたキセキ