中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.14 05:04

【めざせクラシック】コーディエ、前哨戦惨敗も桜花賞“逃げ宣言”

コーディエライト

コーディエライト【拡大】

 デスク フィリーズレビューは、1勝馬で収得賞金400万円のリバティハイツが鮮やかに差し切り勝ち。

 将美 レース後の雰囲気もよく、高野調教師は「いつも通りに穏やかですよ。ただ、馬体が減っていたので、このあたりに注意して調整を進めていきたい」と桜花賞に視線を向けていました。

 デスク 2着アンコールプリュ、3着デルニエオールと新興勢力が権利取りに成功した。

 将美 とはいえ、実績どころも巻き返しに意欲たっぷり。落馬したアマルフィコーストは、軽い外傷はあったものの大事には至らず、牧田調教師は「様子をみて木曜日から乗り出すつもり」と気持ちを切り替えています。

 デスク なるほど。

 将美 15着に敗れたコーディエライトの佐々木調教師は「久々に加えて、つまずいて流れに乗れなかった。持ち味を生かすためにも、本番では何が何でもいきたい」と早々と“逃げ宣言”を出しました。

 デスク 美浦からも頼むわ。

 柴田 1番人気で10着に敗れたモルトアレグロですが、さすがにハイペースの2番手では最後に厳しくなってしまいました。武井調教師は「もう少し馬の様子を見て決めますが、桜花賞へ向かうつもりです」と、本番での巻き返しを期待していました。