中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.14 17:34

【今週のレース注目点】スプリングS、阪神大賞典、フラワーC、ファルコンS(1/3ページ)

スプリングSに出走を予定している地方・ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリン

スプリングSに出走を予定している地方・ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリン【拡大】

★皐月賞への出走権獲得なるか 地方競馬所属のハッピーグリンがスプリングSに挑戦

 今年のスプリングSには、地方競馬所属のハッピーグリン(牡、北海道・田中淳司厩舎)が登録している。同馬は、初のJRA出走となった昨年8月のコスモス賞で3着に入り、続くすずらん賞でも3着。

 今年初戦となったセントポーリア賞を差し切り、芝のレースでは3回出走して1勝、3着2回と3着以内率100%の成績を残している。セントポーリア賞は、芝で実施されるようになった1990年以降の勝ち馬からドゥラメンテ、ジェニュイン、オフサイドトラップといった“後のGI馬”を筆頭に、重賞勝ち馬が多く誕生している“出世レース”だが、ハッピーグリンはスプリングSで3着以内に入り、皐月賞への出走権を獲得することができるのだろうか。なお、同馬には前走に続き大野拓弥騎手が騎乗する予定。

★スプリングSに朝日杯FS2着のステルヴィオが登場 モーリスの弟ルーカスも出走予定

 朝日杯フューチュリティS2着のステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)が、スプリングSに登録している。同馬は昨年6月の東京で新馬勝ちを決めると、続くコスモス賞も制した。その後はサウジアラビアロイヤルC→朝日杯FSと2戦続けてダノンプレミアムの2着に入っており、現在デビューから4戦連続連対中。朝日杯FS2着馬の年明け初戦の成績を見ると、2005年の共同通信杯を制したストーミーカフェ以来勝利を挙げた馬はいないが、果たして、ステルヴィオは今年初戦を白星で飾り、皐月賞へ向かうことができるのだろうか。なお、同馬にはC・ルメール騎手が騎乗予定。

 また、国内外でGI6勝を挙げたモーリスを兄に持つルーカス(牡、美浦・堀宣行厩舎)もスプリングSに出走を予定している。同馬は前走のホープフルSでは6着に敗れたが、前々走の東スポ杯2歳Sでは2着に入っている。兄のモーリスはスプリングSでは4着という結果だったが、ルーカスはスプリングSで皐月賞への優先出走権を手にすることができるのだろうか。同馬にはスプリングSで歴代最多タイの3勝を挙げているM・デムーロ騎手が騎乗予定。

【続きを読む】

関連

  • スプリングSに出走を予定しているステルヴィオ
  • 京都記念を制したクリンチャー
  • 阪神ジュベナイルFの雪辱を期すロックディスタウン
  • 小倉2歳Sを制したアサクサゲンキ
  • ホープフルSを制したタイムフライヤー
  • 藤原英昭調教師