中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.14 11:51

【佐藤洋一郎・馬に曳かれて半世紀(26)】ラムタラを疎外した「プライドと偏見」《今週からどなたでも閲覧可》(1/4ページ)

ラムタラ

ラムタラ【拡大】

 すでに明治大学を名誉教授として退官した寺島善一は、人を引き寄せ結びつける不思議なパワーを持っていた。強い好奇心と記憶力、反射的に行動する瞬発力などが躊躇(ちゅうちょ)なく発散、発揮される源泉は奉仕、サービス精神ではないかと思わせるくらいに人なつこく、献身的でもある。寺島によってニューマーケットでの研修、修行に送り出されたオーナーブリーダーや調教師などの子弟や現役の騎手は多いし、逆に寺島にサポートされてJRAでの騎乗を実現させた外国人騎手もいる。そうした内外の騎手やホースマンを結びつけ、親しくさせるすべをも心得ている。年度は忘れたが、ジャパンCに再来日したクライヴ・ブリテン調教師を囲んでのリユニオン(同窓会)を企画し、後藤浩輝(故人)、谷川貴英、久保田貴士、梅田智之…とともに、記者も招かれた。こうした繋がりもあって、2015年桜花賞で梅田が調教していたレッツゴードンキの◎をマルドン【◎】に昇格させて快挙! というここだけの内緒話もある。

【続きを読む】