中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.13 05:01

【ズームアップ】知っていますか!?ゼッケンの秘密(2/5ページ)

ダービーでは一般レースと同じ白地に黒文字のゼッケンを使用するが、実は馬名が金色の糸で縁取りされている

ダービーでは一般レースと同じ白地に黒文字のゼッケンを使用するが、実は馬名が金色の糸で縁取りされている【拡大】

 競走馬の背中と鞍の間に挟まれている馬番入りゼッケン。まさに、馬の背番号という表現が当てはまる。馬番に加えて馬名が表示されていて、どの馬かを識別するための重要なアイテムだ。

 レース用のゼッケンが仕上げられるのは、競馬場内。その作製手順を、JRAファシリティーズ中山営業所・栗田昭典営業課長代理に聞いた。

 「(作業は)レース前日の午前10時過ぎに始まります。枠順確定後、JRAのデータを元に、レースごとにプリントした馬名を1頭ずつ型抜き。これを、あらかじめ馬番が付されたゼッケン下部に熱転写して、夕方には検量室へ納入します」

 馬番号と馬名はもちろん、濁点など文字の欠損部分がないことを確認。この作業を各場で12レース分、入念に実施してから検量室に納入される。11日ならば、中山、阪神、中京の3場で計498枚。プリント、型抜き、熱転写、納入…の作業を、各場が5~6時間で完了させる。

【続きを読む】

関連

  • トレセンの調教ゼッケンは丈夫なつくり。リサイクルされてトートバッグとして販売されている
  • 番号がついたものを倉庫で保管
  • 馬名を切り取り
  • 熱転写機で貼り付け
  • 完成!
  • ゼッケンの納入はレース前日だが、当日朝にも、職員が最後の確認を行う