中央競馬:ニュース中央競馬

2018.3.6 05:00

サウスヴィグラス死す…種牡馬でGI馬3頭を輩出

サウスヴィグラス

サウスヴィグラス【拡大】

 2003年の交流GI・JBCスプリント勝ち馬サウスヴィグラス(牡、父エンドスウィープ)が4日に死んだことがわかった。22歳だった。

 米国産で、美浦・高橋祥厩舎からデビュー。ダートの短距離戦線で活躍し、重賞8勝を含む通算33戦16勝をマークした。

 引退後は種牡馬として次々とダートの活躍馬を輩出。ラブミーチャン、コーリンベリー、ヒガシウィルウィンの3頭が交流GIを制した。12、15、16、17年と4度、地方競馬リーディングサイアーに輝くなど馬産地でも高い人気を保っていたが、今年に入って体調が悪化。開腹手術を受け、治療を施されたものの回復はかなわなかった。

★サウスヴィグラスの競走成績はこちら