【中山記念】ウインブライトがGI馬3頭を撃破

2018.2.25 15:53

 2月25日の中山11Rで行われた第92回中山記念(4歳以上オープン、GII、芝1800メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6200万円)は、松岡正海騎手騎乗の2番人気ウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が、GI馬3頭が出走する中で差し切り勝ち。大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分47秒6(良)。2着は昨年のNHKマイルC優勝馬アエロリット(5番人気)で、3着はマルターズアポジー(6番人気)だった。

 マルターズアポジー、アエロリットが後続を離す形でレースを引っ張った。3~4コーナーにかけて隊列が一挙に縮まる中、道中4番手につけていたウインブライトがグングンと脚を伸ばして差し切り勝ち。2番手から二枚腰を見せたアエロリットがクビ差の2着で、内ラチ沿いで粘っていたマルターズアポジーがさらにアタマ差の3着に入った。出遅れて最後方を追走した昨年のマイルCS覇者ペルシアンナイト(1番人気)は、外から伸びたものの5着。一昨年の秋華賞、昨年のドバイターフとGIで2勝を挙げているヴィブロスは8着に終わった。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は12戦5勝。重賞は2017年フジテレビ賞スプリングS・GII、福島記念・GIIIに次いで3勝目。中山記念は、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「デキが良かったですね。瞬発力というより、長く脚を使える馬なので、その長所を生かせるように乗りました。2歳の頃から『この馬でGIを』と思っている馬です」

★【中山記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる