中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 18:50

【中山記念】レース展望(2/4ページ)

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない【拡大】

 ヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎、牝5歳)は昨年のドバイターフで秋華賞に次ぐGI・2勝目をマークしたが、秋は府中牝馬S2着、エリザベス女王杯5着と案外だった。昨年のこのレースでも5着に敗れているように少し安定感を欠く面があるが、ドバイターフはハイレベルのメンバー構成だっただけに、実績ではペルシアンナイトを上回る。3カ月半ぶりだが、中間の動きは上々。18日のフェブラリーSでノンコノユメを勝利に導いた内田博幸騎手と久々にコンビを組む点も好材料だ。

 アエロリット(美浦・菊沢隆徳厩舎、牝4歳)は牡馬相手のNHKマイルCを制し、次走のクイーンSでは年長の一線級牝馬を破っている。続く前走の秋華賞は7着に敗れたが、重馬場のうえ、2000メートルも少し長かった。4カ月ぶりの出走とはいえ、クイーンS優勝が示すように間隔があいても走るタイプ。中間も好調教を連発している。小回りの1800メートルなら見直せるだろう。

【続きを読む】