中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.14 05:04

【フェブラリーS】ノンコノユメ、1キロ減が魅力

根岸Sで2年2カ月ぶりの勝利を挙げたノンコノユメ

根岸Sで2年2カ月ぶりの勝利を挙げたノンコノユメ【拡大】

 根岸Sを勝ったノンコノユメ。加藤征調教師は「相手は強くなるし、トライアルと直結しないから」と控えめに口を開いたが、状態の良さは目を引く。「先週、坂路での併せ馬もいい感じ。体の張りがすごいし、あとは前走のように、どんなに外を回っても砂をかぶらなければ。1キロ斤量が減って追走が楽になるのもいい」と期待を寄せた。14日のWコースでの追い切りは、単走で軽めの予定ながら、内田騎手が手綱を取る。

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載