中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.14 05:02

二ノ宮調教師が勇退 凱旋門賞2度2着など(1/2ページ)

1999年凱旋門賞で2着のエルコンドルパサー(左)

1999年凱旋門賞で2着のエルコンドルパサー(左)【拡大】

 JRAは13日、二ノ宮敬宇(よしたか)調教師(65)=美浦=が今月いっぱいで勇退すると発表した。1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタと2度にわたって仏GI凱旋門賞2着を経験するなど、多くの一流馬を育ててきた名伯楽がトレセンを去る。

 二ノ宮師は、90年に調教師免許を取得して、厩舎を開業。98年にエルコンドルパサーでNHKマイルC、ジャパンCを勝ってトップトレーナーの仲間入りを果たした。99年には同馬で約半年におよぶフランス遠征を敢行。仏GIサンクルー大賞優勝、凱旋門賞2着など実績を残して、世界にその名をとどろかせた。

 2005年以降は、昨年まで13年連続でJRA重賞V。JRA重賞はGI6勝を含む30勝で、他に海外重賞2勝がある。

【続きを読む】