中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 22:41

【小倉大賞典】レース展望(3/3ページ)

昨年のエプソムCで重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズ。それ以来のレースだが休み明けも苦にしないタイプで心配はない

昨年のエプソムCで重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズ。それ以来のレースだが休み明けも苦にしないタイプで心配はない【拡大】

 4歳馬も期待が大きい。連勝中で勢いがあるトリオンフ(栗東・須貝尚介厩舎、セン)は、小倉でも芝1800メートルで2戦して2、1着の好成績。前走は4馬身差の圧勝だったので、昇級といえども侮れない。ラジオNIKKEI賞2着があるウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡)も先行力があり、スピードの生きる馬場で期待できる。

 また、中山金杯3着から挑むストレンジクォーク(美浦・小島太厩舎、牡6歳)、13年の覇者でここが引退レースになるヒットザターゲット(栗東・加藤敬二厩舎、牡10歳)、牝馬限定ながら重賞で何度も好走しているクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、6歳)の3頭は、いずれも今月いっぱいで定年を迎えるトレーナーの管理馬。究極の仕上げで臨むことは間違いなく、目が離せない存在だ。

★小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載