中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 22:41

【小倉大賞典】レース展望(1/3ページ)

昨年のエプソムCで重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズ。それ以来のレースだが休み明けも苦にしないタイプで心配はない

昨年のエプソムCで重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズ。それ以来のレースだが休み明けも苦にしないタイプで心配はない【拡大】

 2週目に入る小倉競馬では日曜メインにハンデGIIIの小倉大賞典(18日、芝1800メートル)が行われる。ハンデの発表は14日だが、中京で行われた2010年も含め、過去10年で08年アサカディフィート(57.5キロ)、09年サンライズマックス、13年ヒットザターゲット(57キロ)、15年カレンブラックヒル(58キロ)と重いハンデの馬が優勝。連対馬で最も軽い馬でも54キロと、実績がある馬に有利なレース傾向になっている。

 今回のメンバーではダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡6歳)が中心になりそうだ。昨年のエプソムCで重賞初制覇。今回はそれ以来8カ月ぶりのレースだが、休み明けを苦にしないタイプで、6カ月半ぶりのレースだった昨年のオープン特別・洛陽Sを楽勝した実績がある。マイルの差し馬というイメージだったが、エプソムCは好位から早めに進出するレース内容。コーナー4つの競馬は初めてになるが、スムーズに対応できそうだ。

【続きを読む】