中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 22:33

【ダイヤモンドS】レース展望(4/4ページ)

2014、15年とダイヤモンドSを連覇したフェイムゲームが中心。3年ぶりとなる同レース3勝目を狙う

2014、15年とダイヤモンドSを連覇したフェイムゲームが中心。3年ぶりとなる同レース3勝目を狙う【拡大】

 ホウオウドリーム(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)も母がGI・5勝の名牝メジロドーベルで注目を集める。現状は末脚一手で展開に左右されるタイプだが、東京の芝2400メートル戦で3戦連続上がり最速をマークしており、コース適性の高さは十分。3400メートルに対応できるスタミナさえあれば、格上挑戦での重賞制覇も狙える素質馬だ。

 他では、昨年の2着馬ラブラドライト(栗東・斉藤崇史厩舎、セン9歳)、関東への転厩初戦となるリッチーリッチー(美浦・奥村武厩舎、牡5歳)なども台頭の可能性がある。

★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載