中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 22:33

【ダイヤモンドS】レース展望(3/4ページ)

2014、15年とダイヤモンドSを連覇したフェイムゲームが中心。3年ぶりとなる同レース3勝目を狙う

2014、15年とダイヤモンドSを連覇したフェイムゲームが中心。3年ぶりとなる同レース3勝目を狙う【拡大】

 リッジマン(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)は短距離型のスウェプトオーヴァーボード産駒ながら、長距離戦で頭角を現してきた異色の存在。芝2600メートル以上の距離では【2・2・0・1】で全て4着以内という堅実さだ。格上挑戦に加え、初の3000メートル戦だった前走の万葉Sでも半馬身差の2着に好走しており、今年はステイヤーとしてさらなる飛躍が期待される。

 前週の京都記念でも1~4着を占めるなど快進撃が目立つ4歳勢も粒ぞろいだ。レジェンドセラー(美浦・木村哲也厩舎、牡)は重賞初挑戦のアメリカジョッキークラブCこそ7着に終わったが、芝2400メートル以上では【3・0・1・1】という好成績。陣営もAJCCの敗因を距離が短かったと判断しており、追走が楽になる長丁場でこそのタイプかもしれない。能力的には重賞でも引けを取らないはずだ。

【続きを読む】