中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 20:42

【フェブラリーS】レース展望(1/5ページ)

昨年の覇者ゴールドドリームは史上2頭目の連覇を目指す

昨年の覇者ゴールドドリームは史上2頭目の連覇を目指す【拡大】

 東京開催は最終週を迎え、日曜メインに今年最初のJRA・GIフェブラリーS(18日、ダート1600メートル)が行われる。歴代最多のGI・11勝を挙げたコパノリッキーは引退したものの、ダートの頂上決戦にふさわしい好メンバーが顔をそろえた。

 GIII、GII時代から通じて連覇したのは前述のコパノリッキー(2014、15年)しかいない。今年、2頭目の快挙がかかるのが昨年のJRA賞最優秀ダートホースに選出されたゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡5歳)。昨年は中団追走から直線で鋭く伸びてGI初制覇を成し遂げた。その後はドバイワールドCで14着と大敗した影響か、帝王賞は7着と振るわず、マイルチャンピオンシップ南部杯は大きく出遅れて5着。だが、続く前走のチャンピオンズCでは前残りの展開ながら、上がり3ハロン35秒2の末脚で豪快に差し切り、2000年ウイングアロー、11年トランセンドに次ぐ史上3頭目の同一年JRAダートGIダブル制覇を達成。東京ダートマイルは【3・1・0・0】と安定感抜群で、鞍上が引き続き名手ライアン・ムーアという点も心強い。2カ月半ぶりだが、調整は順調で昨年も同じローテーションで勝っているので問題なし。連覇の可能性は大いにありそうだ。

【続きを読む】