中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.13 20:25

二ノ宮調教師の勇退を惜しむ声…蛯名騎手「教えられたものを伝えていきたい」(1/3ページ)

蛯名正義騎手(左)と二ノ宮敬宇調教師

蛯名正義騎手(左)と二ノ宮敬宇調教師【拡大】

 13日に勇退を発表した二ノ宮敬宇調教師(65)=美浦=の決断を惜しむ声が、関係者から数多く上がった。

 エルコンドルパサーでジャパンC優勝、凱旋門賞2着の実績を残し、ショウナンアデラ、ディーマジェスティでもGIを制した蛯名正義騎手は「寂しさしかないですね…。いろいろ教わったし、お世話になりました。恩返しできなかったことがたくさんあるけど、今まで教えられたものを自分たちが伝えていかなければいけないと思う。本人が決めたことだし、どこかで競馬を見て応援されているだろうから、それに応えて頑張っていきたい。最初に(エルコンドルパサーで)海外に連れて行ってもらいました。当時そういう挑戦は無謀で、諦めている立ち位置から、“日本馬でここまでやれるんだ”ということを教えてくれた。先生、(渡辺隆)オーナーと半年間も(一緒に)やらせてもらえた。先生も俺を推してくれて、いろいろな経験をさせてもらった。すごい貴重な話ですね。そういうことを共有できる人を育てるという意味もあっただろうから、それを(後輩などに)伝えていきたい」とコメント。

【続きを読む】